• 店内苔テラリウム教室7月分のご予約受付けを開始しました。

    店内苔テラリウム教室7月分のご予約受付けを開始しました。

  • 直径2cmの苔テラリウム

    直径2cmの苔テラリウム

  • 第2回「新緑の苔遠足」を開催しました。

    第2回「新緑の苔遠足」を開催しました。

  • メンテナンスオーダー品「硝景 -- 渦守寺 破 -- 」

    メンテナンスオーダー品「硝景 -- 渦守寺 破 -- 」

  • 5/15〜21まで梅田阪急百貨店さまで開催のイベントに出展しました。

    5/15〜21まで梅田阪急百貨店さまで開催のイベントに出展しました。

  • 有明アリーナで開催の「SusHi Tech Tokyo 2024」に作品を展示していただきました。

    有明アリーナで開催の「SusHi Tech Tokyo 2024」に作品を展示していただきました。

  • 京都安祥寺さまにて苔貼り造園を施工致しました。

    京都安祥寺さまにて苔貼り造園を施工致しました。

  • 釜山大学の方々がお越し下さいました。

    釜山大学の方々がお越し下さいました。

  • 硝景「 -- 縁 -- 」

    硝景「 -- 縁 -- 」

Welcome

  • 幼少期から苔が好きで、2016年に日本初の「苔テラリウムショップ」としてオープン。

     

    見ていると、なんとなく癒される「苔」。

     

    可憐・静寂・侘び寂び・力強さ。そのどれもが当てはまります。

     

    苔は寿命が無いとも言われ、丈夫で、お世話も基本的には霧吹きだけ。と、とても簡単です。

     

    ただ、苔の種類によって、 育成に適した容器や置く場所が変わり、使用する容器によって、 育てられる苔や霧吹きの頻度が変わります。

     

     それは、その「苔」がどんな場所で育って来たか分からなければ、お客様にはお伝え出来ません。

     

    私はそれを調べる為に、6年ほど毎週1.2回は山へ入り、どんな場所で育って来たか、早朝・昼間・夜間・晴天・雨天・猛暑・積雪などのあらゆる時間・気候・季節の日当たり、温度、湿度の変化、苔の状態を観察する事で苔の育て方を知る事が出来ました。

     

    どんな作り方をすれば良いか、どんな育て方をすれば良いかを、自分の五感を使い長年調べた上で苔を扱っている、自然から苔の事を学んでいる苔の専門店です。

     

    3EAA3F47-4E73-4F58-932C-9CFAEE1E22CA.jpeg